動物救急車 動物の救急時に
動物救急車 東京県,神奈川県,横浜市動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市
動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市


1 2 3 4 5  6 7 8 9 top
利用者の声
ティナちゃん 犬 バーニーズマウンテンドッグ 6歳

利用時間
利用区間
AM 9:00 
横浜市港北区(自宅)→動物病院

利用状況 アレルギーにて通院中
利用者の声 大きな犬なので救急車に入るかどうか心配でしたが、車内は広々としていて、犬も落ち着いて乗ってくれました。助かりました。

うららちゃん 犬 ロングコートチワワ 2歳

利用時間
利用区間
PM 8:00 
川崎市麻生区(自宅)→救急医療センター

利用状況 急にケイレンを起こしたため、病院の指示で酸素を使用しながら利用。
徐々に落ち着きはじめた。
利用者の声 急にケイレンを起こし、心配になって救急車を呼びました。車内で酸素吸入をしてもらい、病院に着いたときにはだいぶ落ち着きました。

パセリちゃん 犬 ヨークシャテリア 8ヶ月

利用時間
利用区間
PM 4:00 
動物病院→横浜市港南区(自宅)

利用状況 避妊手術後に利用。
利用者の声 行きは主人が車で連れて行ったのですが、帰りの日は出張でおりませんでしたのでお願いしました。
手術後だったので、電車とバスで移動するのはとても心配でした。
思い切って動物救急車を頼んで正解でした。


おちびちゃん 猫 DOMESTIC 0ヶ月

利用時間
利用区間
AM 3:00 
東京都江戸川区(自宅)→救急医療センター
利用状況 前日の昼頃、庭に入ってきた子猫の様子がおかしい。
呼吸はしっかりしているが、動かず、バスタオルで身体を包み、体温低下を防いぎながら利用。
利用者の声 何処の動物病院へ行ったらよいかわからなかったため、104で調べました。
車はありますが、主人が飲酒をしていて、尚且つ、早朝からの仕事があるために救急車を利用しました。深夜でもすぐに来てくれ、このような病院へ連れてきてくれて、本当に助かりました。

CATちゃん ・猫 ラグドール 生後5週目

利用時間
利用区間
PM 2:00 
動物病院→東京都目黒区(自宅)
利用状況 ショック状態で立てなかった為、病院へ。
帰りは酸素を利用しながら自宅へ。
利用者の声 生後5週目は一番デリケートな時期なので、救急車を利用しました。
自宅の周辺は渋滞しやすいので、タクシーに乗るよりも割安ですし、広い空間な上、動物の鳴き声も気にしなくて良いので、今後また、是非利用したいです。

のんちゃん ・犬 ダックスフンド 8歳

利用時間
利用区間
AM 2:00 
東京都中野区(自宅)→夜間病院
利用状況 乳腺腫瘍があり、そこから水みたいな物が出ている。
犬の状態を確認後、病院での指示通りに搬送。
利用者の声 夜間診てくれる病院が無いので、とても困っていました。かかりつけの病院も時間外は診てくれません。特に都内は無いですね。
大学病院で乳腺腫瘍の手術をする予定なのですが、今は順番待ちの状態です。手術が早くできなくて、こんな状態で大丈夫なのかと心配しています。
インターネットで調べて救急車をお願いしました。夜間の病院を教えてもらいましたし、このようなサービスがあると大変助かります。

ガイアちゃん ・犬 ラブラドールレトリバー 13歳

利用時間
利用区間
PM 8:00 
動物病院→東京都世田谷区(自宅)
利用状況 血管肉腫
歩行困難な為、シート担架にて乗車。自宅到着後も、シート担架にて自宅内へ搬送。
利用者の声 動物病院で手術をしてから、入院中食事をまったく受け付けなくなって困っていた時、院長先生から「家に帰ってみましょう」ということで、自宅へ帰りました。すると、院長先生の言われたとおり、食事をしたんです。水も飲む事が出来て、嬉しかったです。犬にとっても自分の家がやはり一番なんですね。この子もこの病院のお陰で一緒に生活していられます。なんと言っても家族ですから。
救急車があるので、安心して病院を利用できます。