動物救急車 動物の救急時に
動物救急車 東京県,神奈川県,横浜市動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市
動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市動物救急車 東京都内,神奈川県,横浜市
動物救急車予約制

酸素療法

動物救急車
動物救急車の利用法
動物救急車利用範囲
動物救急車料金
動物救急車夜間往診
動物救急車スタッフ
動物救急車利用者
提携動物病院

動物救急車で酸素が使えます

動物救急車夜間往診
動物救急車特別割引
酸素の必要性              動物救急医療センター 







  1. まずショック状態では、低酸素血症となるため、必ず酸素吸入が必要となります。

  2. 気道閉塞や肺炎・気胸など、上部気道から気管・気管支・肺や胸腔内といった呼吸器の疾患により呼吸困難になっている場合、酸素を体内に取り入れることが困難となり低酸素血症となるため、高濃度の酸素吸入が必要となります。

  3. 心疾患における場合にも、循環不全が存在しているため、組織での低酸素症を防ぐためには、酸素吸入はとても大切です。

  4. 昏睡などの意識障害や、発作を起こしたりするような脳神経症状を示している動物についても、同様に酸素吸入が必要となります。これは脳が最も酸素を必要とし、多くの酸素を消費する臓器であるためです。